車の点検を自分で出来るメンテナンス方法

初心者でも大丈夫!誰でも簡単に車のメンテナンスできる方法を紹介!自分で点検して整備出来るようになれば車の維持費を節約できて故障しても修理したりメンテナンス費用も抑える事が出来る!車検も自分で修理も自分で出来れば今よりもっとカーライフが楽しくなる

車のバッテリー点検方法と交換時期はいつ?

車のバッテリー点検方法と交換時期はいつ?

f:id:xfknq:20180208005518j:plain

車を安心して乗るには日々のメンテナンスは大切ですよね!

日頃から定期的にメンテナンスしていれば故障も未然に防ぐ事が可能になります。

 

さらに効率的にメンテナンスするには点検するポイントも重要です。

簡単に点検する所はエンジンルームやタイヤなどは何も外さないで簡単に点検できます。

せっかく点検するのだから路上で止まったり出先でのトラブルは避けたいですよね。

今回はさらに効率良く車のトラブルを防ぐ為に、車のトラブルで最も多い部分は何処なのか?

 

これを調べてみました。

 

車のトラブルでもっとも多い部分は何処だかわかりますか?

 

車のトラブルで最も多いのは

 

「バッテリー」なのです!!

 

車のレッカーを専門でしているJAFでも最も出動が多いのがバッテリーなのです!

 

車のトラブルで一番多いのはバッテリー

 

では一番多いトラブルを解消できれば

バッテリーを正しく点検できれば

より車でのトラブルする確率を下げる事ができますよね!

 

今回はバッテリーについて紹介していきます。

 

バッテリーの種類

f:id:xfknq:20180208005600j:plain

 

車のバッテリーにはいくつか種類があります

車によって装着するバッテリーも異なりますし

バッテリーの種類によってメンテナンス方法も違うので

バッテリーの種類とメンテナス方法を紹介します。

 

バッテリーは大きくわけて5つあります。

・開栓型

・メンテナンスフリー

・ドライ

・アイドリングストップ専用

・ハイブリッド車用補機バッテリー

 

この5つが主に使われています。

ここの中でメンテナンスが必要なのは

一番上の「開栓型」になります。

他のバッテリーはメンテナンス不要です。

 

最近では開栓型は装着されている車が少なくなり

メンテナンスフリーが多くなっています。

 

見分け方は

開栓型

f:id:xfknq:20180208005640j:plain

メンテナンスフリー

f:id:xfknq:20180208005714j:plain

開栓型はバッテリー上部にがあります。

バッテリー液が少なくなった場合はここから補水します。

 

一方メンテナンスフリーはバッテリー上部に栓はありません。

補水する必要はありません。名前の通りメンテナンスしなくていいのです。

 

次にドライバッテリー

メンテナンスフリーよりも高性能なバッテリーです。

同じサイズでも1ランク上の容量と同じ性能を持っています。

 

ドライバッテリーはバッテリー液が入っていないわけではないですが液自体は繊維に染み込ませているタイプで、とても少ないから液漏れもしないし、横に置いたりしても問題なく使用でき希硫酸が発生しないのでボディーの腐食も防ぐ事ができます。

 

 

その他のアイドリングストップ専用ハイブリッド車用補機バッテリーは名前の通りの車に使用されています。

アイドリングストップ車とハイブリット車は他のバッテリーは使用出来ませんので要注意です!

 

バッテリーを選ぶならどれがいいの?

f:id:xfknq:20171220134752g:plain

アイドリングストップ車とハイブリッド車は専用のバッテリーでしか使用できないのでバッテリーの種類は選べませんが

その他の車ではバッテリーの種類を選ぶことができます。

 

おすすめなのが、価格のバランスと普段のメンテナンスが必要ないメンテナンスフリーがいいと思います。

 

まず開栓型はもう古すぎます。

価格は安く購入できますがいちいち補水しなくてはいけないしバッテリー自体の性能も良くないです。

 

次にドライバッテリーは性能と寿命に関しては1番ですが、高額です!

メンテナンスフリーの3倍以上の価格になります。

バッテリーのメーカー保証はメンテナンスフリーもドライバッテリーも同じく2年保証なのでいくら長寿命といっても保証期間は同じなので過剰に期待するのはトラブルの元になりますので定期的に交換した方がいいでしょう。

 

定期的に交換していく上ではやはりメンテナンスフリーがコスト的にお財布にやさしいです。

 

バッテリーのメンテナンスや交換時期は?

f:id:xfknq:20171220140922g:plain

 

バッテリーのメンテナンスが必要なのは開栓型だけです

バッテリーの側面にMAXとLOWと記入されているのでそこの間にバッテリー液が入っていればOKです!

もし少ない場合はホームセンターなどに精製水(水)が売っていますので足りない分を補水してあげましょう。

 

その他のバッテリーはメンテナンス不要なので何もする必要はないのですが気になる場合はガソリンスタンドなどでバッテリーチェックをしてもらえます。

 

しかしメンテナンスフリーバッテリーなどは高性能なバッテリーの為、従来のように

バッテリー上りの前兆がないのです。

 

例えバッテリーのテスターで正常と出ても次の日にはエンジンがかからない状態になる時もあるのです。

「バッテリーの突然死」と呼ばれています。

この現象は私も何台か遭遇していますので実際に起きる事だと認識した方がいいでしょう。

 

テスターで正常だからといって安心しない方がいいので

バッテリーの交換時期の目安は使用年数で決めてしまった方が安心です。

 

大体2~3年で交換がベストです。

 

それ以上使用する場合は常にバッテリーがもしかしたら上がるかもという事態を想定した心構えとバッテリーが上がった時に必要になる物を準備した方がいいです。

 

・ブースターケーブルを備える

f:id:xfknq:20180208005848j:plain

これがあればもう一台の車を借りてバッテリー電源を供給できます。

しかしあまり安いのを選んでしまうと大きい車には使用出来ないので5000円以上(線が太いの)のを購入しましょう。

・ジャンプスターター

f:id:xfknq:20180208005933j:plain

これは非常に便利です。

ひと昔前は大きくて重くて持ち運びが大変だった代物でしたが今はめちゃめちゃ

コンパクト!!

さらに20台ぐらいの車を連続で使用できるので高性能です!

こちらもあまり安いのは危険です。

10000円前後の物を選んだ方がいいです。

・任意保険の連絡先

f:id:xfknq:20180208010016p:plain

こちらはもっとも金額がかからない方法です。

任意保険はほとんどの方が加入していると思います。

事故などをした時にはここに連絡して車両のレッカーなどを依頼すると思いますが、事故をしていない時でも大丈夫なのです!

ほとんどの保険で対応可能です。

バッテリー上りや車のトラブルが起きたときは加入している保険屋に電話すれば無料レッカーサービスしてくれます!

これ以外に知らない方多いです。

車両保険に加入していなくても大丈夫です!

任意保険に加入しれいれば対応してくれます!

 

バッテリーは定期的に交換を

f:id:xfknq:20180208010110j:plain

 

バッテリー上りに対しての対策はいろいろあり、紹介した商品でどうにか切り抜ける事は可能ですが、

やはり出先などで車が動かない思いをするのは嫌だと思います。

 

バッテリーは消耗品ですので定期的な交換が必要です。

「もう少し使えるだろう~」

なんて思っていると急いでいる時に限って

「エンジンがかからない!!」

なんて事になり予定がくるったり、遅刻したりする事は十分に考えられます。

 

重要なイベントや重要な会議などに遅れる事になったら

自分にとってバッテリー交換以上のマイナスになってしまいます。

 

高いバッテリーではなくてもいいので定期的に交換した方がバッテリー上りの心配もなくなりますし、毎日安心して楽しいドライブが出来るようになりますよ♪

 

車の事をもっと知れば自分で簡単にメンテナンスできることは沢山あります。

プロの整備士じゃないとできない所は

もちろん任せてもいいですが

自分で出来る所は自分でした方がメンテナンス費用も節約できます。

最近の車は壊れにくくなっています。

こういった消耗品だけでもしっかり定期的に交換していれば車も長持ちしてくれますので是非普段のメンテナンスに活用して楽しくドライブ出来るようにしていきましょう!