車の点検を自分で出来るメンテナンス方法

初心者でも大丈夫!誰でも簡単に車のメンテナンスできる方法を紹介!自分で点検して整備出来るようになれば車の維持費を節約できて故障しても修理したりメンテナンス費用も抑える事が出来る!車検も自分で修理も自分で出来れば今よりもっとカーライフが楽しくなる

ウォッシャー液がでなくて悩んでいる方へ!ウォッシャー液がでない時の解消方を紹介!

ウォッシャー液がでなくて悩んでいる方へ!ウォッシャー液がでない時の解消方を紹介!

f:id:xfknq:20180208001123j:plain

 

ウォッシャー液は日頃から頻繁に使用する事はなく

フロントガラスが汚れて視界が見えにくい時に使用するので

ウォッシャー液の不具合の出ない間は視界が確保できないのでとても見えにく状況で運転する事になります。

 

 

車のウォッシャースイッチを押してもウォッシャー液がでない!

片方は出ているのにもう片方が出ていない!などの不具合で困っていませんか?

 

「整備工場に持ち込んで修理してもらおうか・・・」

そう思っている方少し待って下さい!

 

自分でウォッシャー液の不具合を簡単に解消できる方法があります!

整備工場に持ちこんで修理をしてもらうと

余計な費用がかかってしまう事もあります。

 

整備工場に持って行く前に

まずはこの方法を試してみてからにして下さい!

 

ウォッシャーノズルを清掃する

f:id:xfknq:20180208001211j:plain

 

ウォッシャー液が噴射する所は上の写真のところ

車のボンネットに付いている部分からウォッシャー液が噴射されます。

(車種によってはボンネットではなくワイパーやワイパー下付近に付いているものもあります)

ここの部分をウォッシャーノズルという部品になります。

ウォッシャー液が片方しか出ない時などはほとんどが

ここのウォッシャーノズルの詰まりが原因です。

 

f:id:xfknq:20180208001309j:plain

このような状態になってしまうと

ウォッシャー液が出ないだけの不具合ではなく

ウォッシャー液が出ていない方はウォッシャーノズルの根元あたりで

だらだらとウォッシャー液が垂れたりしますので

このまま放置していると

ここの部分だけに水垢などが付着して変色してしまいます。

 

ボンネットは車のボディーの中でも特に熱を持ちやすい部分に

なりますので変色もしやすい部分になります。

 

こういった変色などをさせないように

まずはウォッシャーノズルを清掃して解消しましょう!

 

 

清掃するときに使用する道具は

細い針金やマチ針などを使用します。

クリップなどでは太すぎるのでクリップより細い

針金やマチ針などがいいです。

ウォッシャーノズルには穴が空いていますので

そこの穴に針金などを差し込みます。

f:id:xfknq:20180208001405j:plain

何回か出し入れしてノズルを清掃してあげましょう。

こうする事によってウォッシャーノズルの詰まりが解消されますよ。

 

何回か針金で清掃すると

f:id:xfknq:20180208001502j:plain

こんな感じでウォッシャーノズルの詰まりが解消されますよ!

 

走行中にフロントガラスが汚れてしまい前が見えにく時に

いざウォッシャー液を出そうとしても

「出ない!!」

なんて事になると

とても前が見づらくなりますので運転にも支障をきたします。

 

 

ウォッシャーノズルを針金で掃除するだけなので

簡単にできますし、時間も数分で完了できますので

もしウォッシャー液が出なくて困っている方は

整備工場に持って行く前に

今回の方法を試にやってみて下さい!