車の点検を自分で出来るメンテナンス方法

初心者でも大丈夫!誰でも簡単に車のメンテナンスできる方法を紹介!自分で点検して整備出来るようになれば車の維持費を節約できて故障しても修理したりメンテナンス費用も抑える事が出来る!車検も自分で修理も自分で出来れば今よりもっとカーライフが楽しくなる

アイドリングストップ車のバッテリー価格と寿命

アイドリングストップ車のバッテリー価格が高いのは何故?

f:id:xfknq:20180207234923j:plain

アイドリングストップのバッテリーは通常のバッテリーとは異なり、装着できても正常に作動しなくなるのでアイドリングストップ専用のバッテリーが必要になります。

そこで気になるの「アイドリングストップのバッテリーの価格と寿命は?」が気になるかと思います。

アイドリングストップ車のバッテリーは、アイドリングストップが装備されていない車と比較してみてシビアな環境で使用されていることだと考えられます。

信号で止まる度にエンジンを停止して、また再始動するの動作はバッテリー電圧が通常より必要になります。

通常の車でしたら一度エンジンをかけたら目的地までエンジンはかかったままがほとんどですが、アイドリングストップはその間何回も再始動します。

信号の度にエンジンがストップしますので多いときでは何十回という回数になるのではないでしょうか。

少なく見積もっても通常よりは倍以上のエンジン再始動を繰り返しているので、その分の負担はバッテリーからしてみたら大きいのは分かって頂けるかなと思います。

基本的にアイドリングストップ車に採用されているバッテリーは高性能なバッテリーになります。 なので、高性能なバッテリーを利用している場合の一般的な寿命と交換時期は通常は3年に1回ごと交換になります。

更に、バッテリー上がりが気になって、 「信号待ち状態でエンジンが再始動しなかったらどうしよう?」 と心配になる方も見られますが、バッテリーの容量が少ない場合だと、アイドリングストップのシステムが中止するようになっていますのでその辺に関しては心配はしなくても大丈夫です。

バッテリー状態は監視されているので、バッテリーがきちんと充電されていない状態の場合ではエンジンは停止ししないです。

余談ですが、私が実際に一般的なバッテリーをアイドリングストップ車に装着したテストをしてみました、何回も走行テストを繰り返しましたがアイドリングストップは作動しませんでした。

車種によってはアイドリングストップの点灯ランプが点滅したりして異常を知らせる車種もあるので間違って装着しても一応走行は可能ですがアイドリングストップは停止状態になります。

 アイドリングストップのバッテリーの交換金額は?

アイドリングストップ車のバッテリーはほかのバッテリーと比較すると割高です。 しかも、セルモーター(エンジンを始動させる為の装置)も性能の良い物がセッティングされていることもあって、もしセルモーターが故障して交換するといったことがあれば、アイドリングストップ機能が装備されていない車に比べて交換費用が高くなります。

別の記事で紹介しています。

www.manesin.site

通常のバッテリー価格よりも2倍前後の金額にぐらいと予想しておいた方が良いでしょう。

この為、全体的な車の維持費を想定した場合ではアイドリングストップをつけない方が良いじゃんか?といった考え方もありますが、 アイドリングストップ車は現在では採用されている車が多くなっているので標準装備にもなっている車種もあります。

アイドリングストップ車の隠れ裏技!

アイドリングストップでは燃費の向上という事でアイドリングを極力減らす事が目的ですが、デメリットと比較してメリットが少し小さい気がします。

しかし、このアイドリングストップを利用してバッテリーの交換時期を知る事もできます。

これは少し前の説明でもしたと思いますが、アイドリングストップのシステムでバッテリーを監視している、という所ですがバッテリーの状況に応じてアイドリングストップのONとOFFをしているというシステムが備わっています。

このシステムを利用すればバッテリーが寿命なのかどうかも少し目安になります。

これには少し事前に調べておく必要があるのですが、アイドリングストップにはバッテリー電圧以外にもエアコンや水温なども監視しているのでそれらが極端な場合は作動しません。

いつもと変わらない使用方法で調べないといけないので何回かアイドリングストップするタイミングを見つけて下さい。

毎日の通勤や使用などでアイドリングストップをONにして走行してもらうと、だいたい同じ場所でアイドリングストップをすると思います。

その決まった場所がわかれば後はバッテリー寿命が気になった時だけに、そこの場所でアイドリングストップするかしないかを見てもらえばバッテリーの寿命が近いかどうかがわかります。

これ結構使えるんですよ!

以前に点検した車でアイドリングストップをしない車がありまして、バッテリーも点検したのですがバッテリーテスターでは正常と出ていたので他の原因を探っていたのですが、一向に原因が見つからずいろいろ調べた結果、やはりバッテリーが怪しいと判断してバッテリー交換したところ改善したという事がありました。

なのでバッテリーテスターでも正常と判断してもそれ以上にアイドリングストップシステムのバッテリーの監視がシビアに行われているのが改めてわかったので、その辺のバッテリーチェッカーより頼りになる代物だと個人的には思います。

 

つまりアイドリングストップのシステム自体がバッテリーチェックを自動でしてくれるのでわざわざバッテリー点検をしなくてもいいのです。

いつもと変わらない使用環境でいつもアイドリングストップするはずの場所でアイドリングストップがしなかったら、バッテリーが寿命かも!!と疑って下さい。

ひとつの目安になりますので参考にして下さい。

一応バッテリーの安く購入できる所も載せておきますのでよかったらどうぞ!

国産のアイドリングストップバッテリーも激安ですが

特に外車が安いのでビックリしますよ!

【激安バッテリー市場】