車の点検を自分で出来るメンテナンス方法

初心者でも大丈夫!誰でも簡単に車のメンテナンスできる方法を紹介!自分で点検して整備出来るようになれば車の維持費を節約できて故障しても修理したりメンテナンス費用も抑える事が出来る!車検も自分で修理も自分で出来れば今よりもっとカーライフが楽しくなる

エンジンオイルおすすめメーカーはここで決まり!驚異的な新型オイルとは!

f:id:xfknq:20180301180533j:plain

エンジンオイルにはいくつもの種類やさまざまなメーカーがあるので

とても迷うと思います。

一番良いのは安くて良いオイルを選びたいですが、やはり価格と品質は比例していますので良いオイルは価格が高いです!

では安いオイルを入れるとエンジンが壊れてしまうのか?

というと、そんなことは全然関係なく定期的に交換してあげればエンジンも長持ちしてくれます。

私の車は20万㎞以上の走行距離を超えていますが、未だにエンジントラブルは

一切ありません。

特別高いエンジンオイルを入れていた訳ではなく、安~い「鉱物油」のオイルです!

今まで長年、この安いオイルで問題なくメンテナンスしていたので、おすすめとして

紹介したいのですが・・・

今回いろいろ調べているうちに、驚異的なエンジンオイルを見つけてしまったので

そちらも紹介したいと思います。

今まで私が、コスパが良いと思って使用していたエンジンオイルは車のオーナーによっては全く逆効果になってしまうので自分にあう選び方を紹介していきます。

エンジンオイルを選ぶ中で重要なのは自分にあったオイルを選ぶべきです!

エンジンオイルを選ぶポイント

では具体的にどのような選ぶポイントがあるのかいくつか出してみましょう。

車をどのようにメンテナンスをしていくかは人により違いますので

まずはメンテナンスの頻度で見てみるのもポイントです。

自分のメンテナンス時期に合わせる

●定期的に自分で点検を行いエンジンオイル交換もできる方であれば

比較的ローコストの鉱物油のエンジンオイルでも交換を定期的にすれば十分です。

 

●定期的にメンテナンスするのは面倒だから出来ればメンテナンス回数を減らしたい!

という方であれば化学合成のエンジンオイルなら劣化がしにくいので交換頻度を抑える事が出来ます。

 

メンテナンス頻度で選ぶオイルも変わってくるので自分の点検スパンを確認すると

どちらが合うか決められそうです。

 

その他の選ぶポイントとしては、自分のライフスタイルに合わせていくとエンジンオイルが決められそうです。

車の維持費にまわせる費用は、その家計で違うのでどのくらいの費用を求めているのかで見ていくのもポイントになります。

自分のライフスタイルに合わせる

●車のメンテナンス費用をとにかく節約したい!

という方には、鉱物油のエンジンオイルがいいです。

 

●車にメンテナンス費用は惜しまない、とにかく車の性能を十分発揮できるように乗っていきたい!

そんな方には化学合成油のエンジンオイルがいいでしょう。

 

メンテナンス費用は抑えたいと思う方も多いかなと思います。

整備工場に依頼するよりは整備費用が抑える事が出来るので節約になりますが

だからといって高級オイルを選ぶと返って車の維持費が悪化します。

 

車にこだわりがある!

走りを追及したい!

そんな方も、もちろんいらっしゃると思います。

自分の車に何を要求するのかでもエンジンオイルを選ぶポイントになると思います。

自分の車に何を求めるか

●【特に車は街中で普通に走れれば問題なし!】

買い物や、たまに旅行に行くぐらいだし、普段は通勤として使用しているので

あまり車の走りにこだわりはない。

 

●【エンジン性能を常に良い状態で保ちたい!】

高速に乗る事も多いしエンジンを高回転まで回す事があるのでエンジンが長持ちするようにしたい!

 

このように車で何を求めるかでもエンジンオイルの選び方は変わってくるので

自分が何を望んでいるかで選ぶポイントになると思います。

 

まずはこのポイントを確認してみる事で自分にはどのオイルが向いているのかが

分かると思います。

 

ここまでのポイントを簡単にまとめてみると

 

●特にエンジンオイルにこだわりが無く、定期的に交換が出来る方は

「鉱物油」がおすすめ!

●エンジン性能にこだわりたい!価格はあまり気にしない!

「化学合成油」がおすすめ!

●年間の走行距離をかなり走る!定期的に交換するのが面倒!

「化学合成油」がおすすめ!

 

では何故「鉱物油」「化学合成油」で変わってくるのかも簡単に紹介します。

それぞれのエンジンオイルの特徴

エンジンオイルにはいろいろメーカーがありますが、メーカーでエンジンオイルの性能が決まるわけではなくメーカーの前にエンジンオイルのもとになっているベースオイルで性能が決定してきます。

 

ベースオイルには主に3つあります。

・鉱物油

・部分化学合成油

・化学合成油

これらを簡単に説明しましょう。

鉱物油

一般的に多く使用されているベーシックなオイル。

価格は安価であるが劣化は比較的早いので定期的な交換が必要です。

部分化学合成油

鉱物油と化学合成油の中間に位置するベースオイル。

性能とコストのバランスが取れていている優れたオイル。

化学合成油

劣化に強くて高性能なオイルなのでターボ車やスポーツ車など車を大切に使用したい方にはおすすめ!性能は一番良いが価格が高い。

 

このような特徴がある

この特徴をみればわかると思いますが、高いオイルほど性能がいいのでエンジン的には一番高い化学合成油を選べば間違いないのですが、これを選ぶ事により車の維持費は悪化します。

ここで「化学合成油」を使用した場合と「鉱物油」を使用した場合では年間のコストがいくら変わってくるかも確認してみましょう。

フォーエバーオイル

とにかくエンジンオイルにはこだわりたい方は必見!!

「化学合成油」で超~~寿命なエンジンオイルです!

 

驚異的な新型エンジンオイル!なんとその交換時期は

 

走行距離は6万キロで使用年数は3年というスーパーロングです!

 

by カエレバ


もちろんお値段もスーパー破壊価格!! 

 

4リッターで13,600円!!Σ(・□・;)💦

 

しかし何故このような長寿命が可能なのかというと、そもそもオイルの原料から違うらしく、不純物の極めて少ない天然ガスに由来し最新技術で100%化学合成されたオイル。

ナノサイズの微細な分子で構成されているので劣化要因となる物質と結合しないんだとか・・・💦

 

なんのことやら (-_-;)

 

まあ~とにかく良いエンジンオイルらしくて長持ちするのはもちろんのこと、エンジン性能がアップして燃費が15%UP!!

 

これは凄いですよね!

 

しかし年間トータル的にどうなのかってとこですよね!

ちょっと後で他のと比較しますんで少し待ってもらって次のにいきます。

TAKUMIオイル

「化学合成油」で比較的安いのがこの「TAKUMIオイル」です!

化学合成油を使用していてリッター1,700円!

まあ安い方です。

高性能なオイルでレースにも使用されているほどなのでオイルの性能的には申し分ない高級オイルになります。

 交換スパンは車指定によるとの事ですが、大体は5000キロ~10000キロで1年に1回の交換頻度になります。

 トヨタキャッスルオイル

コストパフォーマンスでは一番ではないかと思う、トヨタキャッスルオイル


 

 

「鉱物油」ですが交換時期を定期的にすれば全く問題なく使用可能です!

なんといっても価格が安価なのでリッター405円!!安い!

私も長年使用しているエンジンオイルなので、特にこだわりがなくて自分で定期的にするならこれが一番おすすめ・・・なんですが!

ここで年間コストを確認してから決めないといけません。

年間コストで選んでみる

では一通りおすすめなのを選んで見ましたが、問題は年間でどのくらいの差が生まれるかですよね!

高級オイルは値段こそは高いけど交換時期が長いのでもしかすると案外割安になったりもするのではないかと、

 

先ほどの3つを比べてみましょう!

 

目安になるものが必要なので平均的な年間走行距離数と使用するオイル量は一回の交換で4リッターでいきたいと思います。

 

一般的に年間走行距離は10,000キロなのでこの年間距離数で比較していきます。

フォーエバーオイルの年間コスト

6万キロ無交換で3年に1回の交換頻度。

というとまず3年間で6万キロは走る方は少ないと思います。

走行距離よりも年間の方が先に交換時期を迎えますので3年(3万キロ)で交換をしたとします。

一回の交換で3年持つので13,600円÷3=4,533円

年間コストは4,533円になります。

TAKUMIオイルの年間コスト

では次にTAKUMIは1年に1回と1万キロで交換なのでリッター1,700円×4=6,800円

年間コストは6,800円になります。

トヨタキャッスルオイルの年間コスト

次はトヨタキャッスルオイルでは5000キロ毎の交換になるので405円×4×2=3,240円

年間コストは3,240円になります。

年間コストランキング

1位、トヨタキャッスルオイル 3,240円

2位、フォーエバーオイル   4,533円

3位、TAKUMIオイル      6,800円

 

このような順位になりました!

あの超高級オイルが2位!!

 

これは走行距離が年間1万キロ超える方では、フォーエバーオイルが安くなりますね!

 

さらに3年間エンジンオイル交換しなくていい・・・

楽ですね~💦

さらに燃費も15%UPするなら、より維持費の節約が出来る可能性大!

 

もちろん自分で交換できなくても整備工場に持ち込んで交換してもらえば

何回も定期的にオイル交換に行かなくてもよくなる。

 

これを計算してて少し惹かれましたが、私はそもそも、そんなには距離は走らないので

いいかなぁ~と思っていたのですが燃費までUPするなら・・・

ちょっと考えますよね~

 

それにまだキャッスルオイルが残っているんで使い切ってから少し考えてみます!

もし使用したら検証して本当に燃費がUPしたのかどうかをこのサイトに結果報告として載せていきますのでお楽しみに♪

エンジンオイルおすすめメーカーまとめ

今回エンジンオイルの比較をしてみた所、年間コストは使用状況でかなり変わってくる事がわかりました。

 

【年間10,000㎞以上走行する方は!】

年間コストを考えても他のオイルより断然安くできる!さらに燃費がUP!年間の走行距離数が1万㎞を超える方は間違いなくフォーエバーオイルがおすすめ!

燃費と交換回数のダブルで節約してみてはいかがでしょうか!

f:id:xfknq:20180329093351j:plain

驚異のスーパーオイル! f:id:xfknq:20180329091649j:plain

 

 
 
【年間10,000㎞以下走行する方は!】 

年間の走行距離数が1万㎞以下の方は年間コストを抑える事が出来るトヨタキャッスルオイルがおすすめ!

何といっても1回の交換費用が安いのでコスパに優れている!

定期的に交換してあげれば問題なく好調にエンジンを保つ事は可能ですよ♪

f:id:xfknq:20180329101522j:plain

低価格エンジンオイル! f:id:xfknq:20180329091649j:plain

 

 

 

【年間10,000㎞以下走行する方は!】
年間の走行距離数が1万㎞以下で交換頻度を抑えたい方TKUMIオイルがおすすめ!

高級エンジンオイルなのでエンジン性能のUPも期待できるのでコストよりも車の性能を重視したい方に向いています!

f:id:xfknq:20180329102919j:plain

高性能エンジンオイル! f:id:xfknq:20180329091649j:plain

 

 

このようにそれぞれメリットデメリットがあるので、車を使用する状況とメンテナンスをする頻度によっても選ぶエンジンオイルが変わってくる。

 

どれがいいかは自分のライフスタイルに合わせるのが一番いいので、まずは比較した結果を見て頂き決めてもらいたいと思います。

 

私自身は今までトヨタキャッスルオイルをおすすめしていましたが今回の比較でフォーエバーオイルにかなり興味をもってしまったので、キャッスルオイルがなくなり次第、購入して検証結果をこのサイトで報告したいと思います!

 

エンジンオイルの交換は自分で簡単に出来るんですよ♪

 

使う工具も最小限に抑えて行う方法も紹介してますので是非チャレンジして

みてはいかがでしょうか!

スポンサードリンク