車の点検を自分で出来るメンテナンス方法

初心者でも大丈夫!誰でも簡単に車のメンテナンスできる方法を紹介!自分で点検して整備出来るようになれば車の維持費を節約できて故障しても修理したりメンテナンス費用も抑える事が出来る!車検も自分で修理も自分で出来れば今よりもっとカーライフが楽しくなる

エンジンオイルおすすめメーカーは?コスパが良いオイルが一番!

エンジンオイルおすすめメーカーはどこがいい?

f:id:xfknq:20180207235238p:plain

 

エンジンオイルはいろいろあって何が一番いいのかとても迷うと思います。

値段も高い物もあれば安いのもあります。

 

高いオイルを入れるとエンジンが長持ちするのか?

安いオイルを入れるとエンジンが壊れてしまうのか?

 

はっきり言って一般的に使用するのであれば安いオイルで十分です!

高いオイルや

安いオイルを

気にするよりも定期的に交換する事がとても大事になってきます。

 

では安いエンジンオイルでおすすめなのは?

 

ネットで検索すればいろいと出てきますが

まずは自分の車にあったオイルを選ばないといけません。

 

自分の車の取説などにメンテナンス情報が載っていますので確認できます。

 

オイルは何リッター使用するのか?

オイルの粘土は?

ここら辺を取説で確認できます。

 

低燃費車は 0W-20

その他のガソリン車は 5W-30などが多いです。

 

低燃費車に5W-30を入れてもエンジン的に問題はありません。

しかし逆の5W-30仕様の車に0W-20を入れると不具合が起きる可能性が

あるので要注意です!

 

エンジンオイルを選ぶ時には粘土を確認して選んだ方がいいですね

 

では今回は5W-30でも比較的に安くておすすめなのが

 

トヨタ純正キャッスルオイルです。

 

by カエレバ


価格は20リッターで6000円ぐらいで購入できます。こちらは比較的安く買えます。

 

普通車でしたら一回のオイル交換で4リッター前後使用しますので

1200円前後で交換できます。

 

もし走行距離数が年間で10,000㎞以上の方はこちらの

驚異的なスーパーオイルがおすすめです!

 

整備工場で依頼すると普通車であれば4000円前後費用がかかるのでは

ないでしょうか?

 

自分で交換出来たらとてもメンテナンス費用が節約できます!

さらに一度覚えてしまえば家族の車なども出来てしまうので

さらにメンテナンス代を節約できます!

 

しかしそんなに簡単にエンジンオイルが交換できるのか?

多くの方が大変そうだと思っていますが

簡単にできます!

ジャッキアップもしないで車の下にももぐらない!

慣れれば5分程度で作業が完了できます。

 

エンジンオイル交換を簡単にする方法

f:id:xfknq:20180207235448j:plain

今回用意する道具は上の4つです。

・エンジンオイル

・廃油処理パック(200円)

・メガネ

・オイルジョッキ

 

まずは作業する前に少し車のエンジンを5分ぐらいかけた方が

エンジンオイルが抜けやすくなります。

トヨタ・スズキ・ダイハツなどはジャッキアップしなくても

ほとんどの車種が交換できます。

※もし作業してみてやりづらい場合は無理をしないでジャッキアップしましょう。

 

タイヤも右にめいっぱいきっておいた方が隙間ができて作業しやすいです。

ではエンジンオイルを抜いて見ましょう!

f:id:xfknq:20180207235535j:plain

エンジンの下にあるドレンボルトをメガネを使って緩めていきます。

最初だけメガネを使用して後は手で緩みますよ。

f:id:xfknq:20180207235638j:plain

ドレンボルトを手で緩むぐらいになったらそのまま抜かないで下に廃油処理パックを置いてからドレンボルトを抜きます。

エンジンオイルが抜け終わるまでしばらく放置です。しずくになった程度でドレンボルトをつけます。

ここでドレンパッキンがしっかりドレンボルトに付いているか確認してください。

f:id:xfknq:20171229183730j:plain

この輪っかの部品です。

基本的には外したら交換ですが再利用でも問題ありません。

注意して欲しいのはドレンボルトの締め過ぎです!

メガネでキュッと締めるだけで大丈夫です。

 

ここを力一杯締めてしまうとネジ山が壊れてしまうので注意して下さい!

 

もし不安な方はトルクレンチという工具がありますのでそちらを使用した方がいいかもしれません。メガネで軽く締めて、かりに締め付けが甘くてもオイルがどばどば漏れてくる事はありません。

 

漏れの確認を最後にすれば問題ありません。

 

f:id:xfknq:20180207235813j:plain

後は新しいエンジンオイルを入れていきます

①のフィラーキャップを開けて

②のオイルレベルゲージでオイル量を確認します。

f:id:xfknq:20180207235950j:plain

レベルゲージには目印が付いています。

上と下に目印がありますので、その間にエンジンオイルがあれば問題ありません。

 

これで最後にエンジンをかけてドレンボルト付近の漏れがないかを確認すれば大丈夫です。

どうでしょうか?

ここまでの作業で慣れれば5分ぐらいで完了しますよ!

一度チャレンジしてみれば意外にも簡単に出来てしまう事に

気づくと思います。

 

エンジンオイル交換コスト比較

エンジンオイルは定期的に交換が必要です。

しかし毎回毎回のメンテナンス費用もばかになりません。

もしかりに10万キロまでエンジンオイル交換を5000キロで定期的に交換を

整備工場に依頼すると一回の費用が普通車であれば4千円ぐらいなので

8万円もかかってきます。

 

自分で交換すればエンジンオイルはリッター300円程度で4リッターで1200円

廃油処理パックは200円程度

一回の交換で1400円

10万キロまで交換すると

28000円の費用で済みます。

合計52000円の節約にもなります。

 

結構大きい金額ですよね!

 

自分で作業する事で車のメンテナンス意識が高くなり

エンジンオイルだけではなく他の部分もメンテナンス出来る事が

増えてくると思います。

 

難しくてどうにもならない部分は整備工場にお任せすればいいだけなので

簡単に出来る所は自分でメンテナンスしてみてはいかがでしょうか

 

画像だけで説明すると簡単に見えますが

実際の作業している所も確認してもれえれば

めちゃ簡単なのがわかりますよ!

スポンサードリンク
 
 

 


簡単エンジンオイル交換方法